VIKINI-Packman

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
Roland JP8080 Custom 04:06
Roland JP8080 Custom



1998年タマラン形のシンセサイザーモジュール。
オリジナルの塗装がバリダサかけん(俺が気に入らんだけかもしれんが)
塗りなおす前提で手に入れた。
なんと言ってもツマミが多くて怪しくてタマラン。

純正はメタリックのネイビーブルーがベースの、この色じゃ無い感が嫌だ。
そこに強調色でオレンジとターコイズブルーやら、気に入らん。
なんでその色にしてしもた?っちゅう感じとです。
あくまで俺個人の意見。
下の写真が純正色。

俺は機械ちゃ冷たい感じちゅうか、昔のSF映画に出てくるゴタァ機械が好いとう。
手に入れたモンは我が気に入るごと好きな感じに改造すりゃヨカ。

ばってんがコレのパネル文字、いつもやったらストックしてあるインスタントレタリングで文字入れするんやけど、
今回はイラレで作って透明シートにプリントアウトして貼って、上からウレタンクリアーで仕上げる事にした。
コレはさすがにインレタでは対応出来ん。

で、まずはオリジナル塗装ば剥離剤とヤスリで鉄の下地ば出す。
で、サフェーサー吹いて、ラッカーのライトベージュば塗った。
ライトベージュが最近の好み。

で、作ったパネル用文字シートばセクションブロック毎に貼っていくんやけど、
シートが耐水性じゃなくてプリントアウトして膜付けでクリアーラッカー吹かないかんかった。
貼るとき水貼りばする為だ。
カッティングシート貼りの要領で、洗剤ば含ませた水ば霧吹きして位置決め微調整しながら
滑らせて貼っていく方法でないと絶対ズレる。

ところが定規で測って作っても、貼っていったらやっぱり全体のバランスの微調整で、
シート何回も作り直して、貼り直しての繰り返しになってしもた。

好みでスライダーのレベル刻みの棒線の数やら、イーミュレーターみたいに線が無いか、
昔のオーバハイム位細かくない方が雰囲気的に好きなんよね。

で、2液のウレタンクリアーば砂吹きで完成。
いじりまくる機材は砂吹きにしとけば指紋が見えんからだ。

機材ちゅうのは気に入らんと触りたくなくなるモンで、
我がが気に入るっちゅうのが一番大事なトコやないんかなと思う。
音色云々も気に入った機材使ってなんとかするもんで、気に入るっちゅうのが一番大事。
気に入っときゃ好きな音出せるんやないの?っちゅうか好きな音出せばヨカ。

このJP8080はツマミ多くてバリ音作りしやすい。
ヴォコーダ部分とかエデットがグリグリ出来てバリオモロか。これはオモロい!
とにかくグリグリ出来るのがバリヨカ。

ツマミも昔ながらのシルバートップに替えた。なんかイイ感じに古臭い好みの機械になった。

で、サイドにウッドパネル。
実はコレもいっぺん作り直し。最初作ったなが3ミリ短く作ってしまった。作り直して完璧。

下の写真の白っぽいのがニスば塗る前のヤツ。ニス塗って完成。


…実は液晶表示器も緑文字っちゅうのが好きじゃなくて、
これは汎用品やろと思って取り外して秋葉原で
好みの青地白抜きのヤツば探して、店員さんに質問したら
難しい事言われて、純正壊してしまうのも面倒やけん今は諦めとる。
誰か詳しか方、優しく教えて下さい!
冷たい青地白抜きの液晶表示器になったらホント完璧最高!

なんかコレの改造がバリ気に入って、こうしてブログに自慢的に書いたばってんが、
実は結構こっちのブログで紹介しとらん改造機材が増えとる。
世界に1個だけの改造機材ちゅうのはやっぱしオモロか。気に入った機材から音が出るちゅうのは最高!
| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by Packman - -
Comment








初めて見てビックリしました、こちらもし作って頂けるならば幾らくらい掛かりますでしょうか?
posted by kuramitsu | 2015/12/22 1:06 AM |
kuramitsuさん
コメントに今気が付きました。御免なさい。
人様の大事な機材ば壊したら責任持てんので、俺は改造ば金貰っては出来んです。
でも東京世田谷の近所なら俺の工作道具貸してもヨカですよ。
posted by Packman | 2016/12/06 10:53 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.vikini.jp/trackback/1627018
<< NEW | TOP | OLD>>