VIKINI-Packman

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
VOX Mark V.Custom 18:49

VOX の Mark V(Phantomタイプ)っちゅう
1960年代に棺桶ばモチーフにしてあるらしいタマランビザールギターが、
2013年から正式にVOXから発売されとる!しかもオモチャ的にバリ安く!
イヨッ!ダンナ!付き合い酒ば何回か我慢すりゃ憧れの異形の棺桶が新品で!
ばってん買うのばバリ悩みまくっとった訳である。

何故か!?
当時のヤツで程度のイイ中古ちゃ、まぁクソ高か。
バリ怪しか魅力的な異形の輝きば放っとるからだ。
その怪しか魅力っちゅうのは、ビグスビーのゴツかトレモロユニットと
棺桶ボディとのバランスがタマラン魅力。
それはファントム好きの人なら誰もが思っとるハズ。

ところが現行新品MARK Vの棺桶ボディーには、何故か全然似合わん
シンクロナイズドトレモロユニット(ストラトタイプ)になっとる…
なんか、ジャージに黒革のビジネス靴履いとる位の違和感、残念感。

コレがマークVが普通に安売りされよる恥ずかしかお姿。
なんかテレ〜っとヌケた感じがして、いっちょんシマランめぇが。
魅力の怪しさが、恥ずかしさにまで到達しとるではないか!

で、改造前提で可哀想なMark Vとビグスビーば同時に、安かトコ探して買った。
2015年現在、新品で普通に手に入るパーツでっちゅうのが、今回の俺ルールで、
一番似合う異形の姿にする作業。足りんモンは怒りと笑いで吹き飛ばす!
手探りでバリオモロかったぜ。
コレはマークVば手にしたダンナ共、皆がやりたい改造ではないんかね?

内容は
1/元のシンクロナイズドトレモロユニット外して大穴埋め。

2/新たなピックガードば自作。

3/加工してレスポールタイプのブリッジば取り付け。

4/ビグスビーの取り付け。だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずは買ったその日に即分解。ビグスビーば、とにかく付けたい。


1/元のシンクロナイズドトレモロユニットば外して大穴埋め。
(そのままではブリッジもビグスビーも付けられん)

(写真は木ば切り出して大穴に埋めて、表面ばパテで埋めとるトコ)
近所の東宝スタジオんトコにあるホームセンターで、パテと木の廃材ば買った。
(一瞬、カマボコに付いとう木ば使うとがオモロかかな?
やらシケた事思ったばってん、イメージ的にやめといた)
ナイフでザクザク削ってヤスリで整えてからパテで完全にフラットにした。
(ナイフで指やら切らんごとしたつもりが、早くも親指んトコば深めに切って
バンソーコー。全米は泣いとらん)


で、パテば乾燥させて研磨してピックガード置いてみたら「ぬ〜ぼ〜」出てきた。
このピックガードの大穴部分だけ、別のプラスチックとかで補修するより作り直すしかないやろ。
で、

2/新たなピックガードば自作。

せっかく新たにピックガード作るならエロか感じのホワイトパールのパネルで作ろうとした。

パネルにナイフでアタリば付けて、ノコギリで切り出し。
手作業のノコギリより、ホームセンターの工作室の電動糸ノコば使いたかったけど、
そこで買ったパネルじゃないけんダメ。
で、慎重にノコギリで切り出したつもりやったけど失敗した。
ネックのトコ切り過ぎ。エッジもガタガタ。
大きく切り出してヤスリで地道に整えるつもりが、
それでも方向がズレとったみたいで失敗。

ちなみにパネルは適当なプラスチック樹脂じゃなくて、
ちゃんとしたピックガード用に、3層になってあるパネルば使うようにしてある。
このギターの構造的に、ピックアップとかトーンポットとか、
ピックガードに取り付けてあるけん適当なヤツじゃマズか。

失敗して、なんとなくコツは掴んだ。
次こそは失敗せんごと!…心変わりで、次は普通の白で作るごとした。
なんか黒ボディーには普通の白が見栄えがヨカゴタァ気がしてしもたんよね。

で、慎重に切り出し。

ここで配線とかも変えてフロントばハムバッカーに改造したり、
トーンポット増やしたりしようかなぁと思ったけど、
マーク5の中身でっちゅうのがヨカかなと思ってそのままにした。
ばってんピックアップの線材やらは、ちょっと頼りない感じの線やったけん、
カナレのヤツにハンダして付け替えた。違いちゃ気分だけかもしれんが…
あと、ビグスビーのアームの位置的に、ポットの位置ば
ピックアップセレクター側に寄せて穴開けした。
ピックアップの場所の穴開けはドリルである程度抜いてナイフとヤスリで整えた。
ここまで出来たらもうスグ完成ばい!

写真は左の大穴が開いてあるやつがオリジナルで、右側のパールホワイトが失敗したヤツ。
この時点ではまだブリッジとビグスビーは置いてあるだけ。

3/加工してレスポールタイプのブリッジば取り付け。

ブリッジはレスポール用のヤツば加工して取り付ける事にした。
ブリッジベースば気に入った高さまでひたすら鉄ヤスリで削る。
エレベーションば付けるどころか、そのままやったら弦高が高過ぎるったい。
サドルも削ってブレんごとした。

写真はブリッジの底側、エレベーション側ばフラットに削ってあるトコ。

4/ビグスビーの取り付け。
これは製品ば取り付けるだけやもん!
位置決めしてマークしてドリルで穴開けしてネジ締めて完成!

写真の赤い糸はビグスビー付属の位置決めに使う糸。
ブリッジの位置決めが一番慎重になるトコやね。

あとはパネルに「VOX Phantom 」やら書かかんで
ウレタンで「VOX mark V.C」って書くつもり。CはカスタムのCやね。
コレは新品のマークVでっちゅうのがオモロかっちゃん。
写真に写ってある文字は、こげな感じか?
っちゅう感じでセロテープの上にマジックで試し書きしてあるヤツばい。

そうそう、後、ペグがプラスチックやけん鉄のに変えたいって言いよったら、
V2Fのツジケンが、転がってあるテレキャスのペグのアタマ「コレと付け替えてヨカよ」げなで、
実にありがたいんであ〜る。

さぁ!VOXのマークVのトレモロが、ストラトタイプでバリダサか!げな悩んでいたソコのキミ!
悩む必要はもうなかぞ!スグに改造せれ!バリ最高ぜ!
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Packman - -
Ausrüstung 21:20

ここんトコずっと引きこもり気味で音ば作りよる。

考えてみりゃ、ガキの頃「こげな感じで多重録音ばやってみてぇなぁ」
って思いよった想像ば遥かに超えた作業が出来よる。

っちゅうても俺は最新の録音方法はしとらんで、
パソコンでDAWっちゅうのは一切やっとらん。
レコーダーも全部触れる機材、ハード、実機。
昔から機械っぽか機械が好いとって、
ツマミとかスイッチがバリ好いとう。

ちょい古の機材ば安く見つけては手に入れて、
デザインば気に入るごと外装ば改造しては喜んで、(コレ大事)
んで機材で遊び続け、また中古屋とかで安く見つけては改造して遊んで、
まったく時間がいくらあっても足らん。

ちょい古の機材っちゅうてもシンセサイザーモジュールやら
わけわからんもの凄か機能が詰まっとって、とても全部は理解出来ん。
マニュアル読んでも理解出来んが、音は出る。
それで刺激なんやからそれでヨカ。
使いよったらまた発見的に機能ば覚えりゃヨカ。

音機材っちゅうのは完全に理解して使わんでも、
自分が気に入った音が出ればそれでヨカっちゅうこっちゃね。
技術がどうのの音楽やら興味ないっちゅうのな。

蚊の羽音みたいな不快な音でもアレンジ次第で刺激的な音になろうが。
なんでも使い方次第やね。
ん〜、それも技術やねぇや?
| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by Packman - -
Judge 08:15

8.6は広島原爆の日
8.9が長崎原爆の日

原子力は安全なエネルギーとか国ぐるみで騙し続け、
原発事故後は原発再稼働ばせな経営が成り立たんと言うとりましたが、
原発無しで、去年も今年も日本の電力は大丈夫のゴタァですね。

それでも大嘘並べて原発ば再稼働させようとしよる詐欺師が多かゴタァですね。
除染ビジネスでも凍らん凍土壁?とか訳のわからん信用の無さに呆れるばかりです。

で、時の政府は増税に次ぐ増税。
全部損得勘定の利権詐欺に我々は振り回されとりますね。

戦争の匂いも日々強くなっとります。
そもそも戦争ちゃ特権階級、利権者共の損得勘定だけ。

我々国民ば煽動する大嘘の大義ば、信じさせる事が
戦争利権者共の仕事のゴタァです。
搾取する側は何度でもアメとムチば使い分けて騙し続けます。

で、我々が直接意思ば示せるのは選挙ですよね。

ばって選挙っちゅうのは、
ある程度、ワザと分かりにくくされとうです。
大抵の人が選挙に行っても無駄って考えで行かんゴタァですもんね。

結果、投票率が下がれば組織票ば持っとる腐れ権力者当選の繰り返し。

まともな思考の人なら支持政党、支持したい候補者やら誰もおらんでしょう?
それでも我々は自分で判断して、候補者ば選ばなとですよ。
当選させたくないっちゅう対立候補者ば選択するしか無いとです。

組織票の利権政治屋ば叩き落とさんと、
今後もずっと不透明に搾取される状況が続くとです。
期日前投票とか利用出来るけん、選挙は絶対行かな駄目ですよ。

過ちば繰り返さんごとせなじゃないですか。
| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by Packman - -
Roland VT-3 Custom 18:05



RolandのVT-3っちゅうヴォコーダー、ついこないだ発売されとって、
早速手に入れて改造した。結構大変やったけん書く。

最初、吊るしの現物ば見て、個人的に残念に思ったとがデザイン。
操作面はアルミトップで別にどうってことない感じっちゃけど、
入れ物がダセ〜すり鉢状のプラスチック。
微妙なトロン風の緑の縁取りも単なるプラスチックで好きになれん。
こればっかしは好みの問題やけん好きになれんモンは好きになれん。
しかし中身は最高タマランヴォコーダー…

VT-3以前のモデル、VT-1のデザインがバリタマランオモチャ感で最高なだけに…
んじゃ昔のVT-1ば手に入れればヨカかね〜?
って思ったばって中身は今出とうヤツのほうがヨカごたぁやん。

っちゅう訳でVT-3は、速攻で入れモンば改造するって決めて手に入れたんよね。

気にいったデザインっちゃ、ヒッ、ジョ〜に大事で、
気に入らん機材やら触る気にもなれん。
それなら気にいるごと我がでカスタムすりゃヨカだけの話。
バイクとかと同じ。ヒッ、ジョ〜に大事。

パソコンの発達に伴い、シンセサイザーやらエフェクターのソフト化が進んだ現在、
所有したくなるハードちゅうのは、利便性ば超えるエロスであり、
データ化されたヴァーチャルエロスより、現実に手にする極上のエロス!
好きなデザインの一点モンばっかし手元にあるっちゅうのは、
こりゃぁまさに俺だけのハーレム!

…まぁ我が気に入りゃヨカだけの話やけどね。
秋葉原で丁度よさそうなアルミ傾斜ケースば選んで、
ウッドパネル用の板ば近所のホムセンで選んできて準備OK。


アルミの削りはドリルと鉄鋸。
穴だけならドリルで楽勝なんやけど、フライス無しの鉄鋸削りで大変。
塗装の色は悩んだんやけど、結局自作のエフェクターシリーズと同じ色にした。
クラシックなSF映画やらで見た、怪しい機械っちゃ大体オールドブルーなんよね〜。


で、プラサフして塗装して、文字入れなんやけど、
コレだけの為にシルクスクリーンの版ば作るのは…って感じやけん
インレタ(インスタントレタリング)が必要なんよね。

特に白文字。使うヤツ結構ストックしとうつもりやったっちゃけど、
足りんくなるね〜。
もう世界堂でも注文でしか手に入らんでくさ、困るんよね〜。
パソコンプリンターのシールより、インレタのほうが絶対ヨカっちゃん。
インレタで文字入れしたらクリアー3回位吹いて、アルミケース部分は仕上がり。

基盤やら中で固定させるステーやら作ったりも大変やった。

で、ウッドパネル。
ノコギリで切ってヤスリで削ってドリルでネジ穴開けてニス塗って仕上げ。
なんでもウッドパネル付けりゃヨカ訳じゃ無いばって、合うヤツにはいい感じやもん。
木の種類と厚みとニスの調色位はこだわらなやね〜。
俺はウレタンニスで、エボニー3とマホガニー7位ばブレンドした色が好みやね。

完成した俺だけのシックで怪しいカスタムVT-3は、当然の如くバリお気に入りになった。
我が好きな形にカスタムしたっちゃけん気にいるのは当然やね。
TVに繋げてニュース番組ばヴォコーダーで楽しんだりもオモロかぜ。
そこにリズムば加えたり、こないだ更に手に入れてチョチョっと改造した
タマランビザールシンセば…

っちゅうのは長くなったけん今度気が向いたら書いてみるわ。
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Packman - -
Korg MS-20 15:54



写真は、Korgの「MS-20 mini」外装はカスタムしてある。

モノフォニック(単音)で、バリ強烈なフィルターやらパッチングやらで音ば作る
最高のアナログシンセ。なによりデザインがバリタマらん!

1978年に発売されとったとが、なんと去年35年ぶりに復刻されとって、
こないだついに俺も新品ばバリ安く手に入れさせてもらったんよね〜。

なにしろコレ、ガキん頃からバリ憧れとったデザインのシンセでくさ
…まさかまさかこげん安く復刻されるげな
新品でこげな宝モンが手に入るげな…バリありがたかね〜

小学6年の頃か!新聞配達の給料じゃとても買えんくて、
福岡天神ベストの楽器コーナーに置いてあったMS20!
ウワ〜!カッコヨカ〜!って思ったとばハッキリ覚えとうぜ。
78年が小学5年やけん、当時6年で見たとは後期型やったっちゃろか?
その頃は鼓笛隊でトランペットば一生懸命吹きよって、
そん時見たMS-20っちゃ、まるで別世界のとてつもないモンに見えたんよね〜。

ウ〜ム、35年前のアナログモノシンセが復刻げな、こげなん初めてやないとや?凄か〜!
ウ〜ム、目の前にあるとは俺んとばい!さっそく外装ば改造。
まずはツマミばアルミトップの好きなヤツに変更。

サイドパネルがプラスチックでショボかったけん、
近所のゴジラのホームセンターで木ば買ってきてウッドパネルにした。
ノコギリで切ってヤスリで研いで、彫刻刀で内側ば加工して、
ネジ穴開けてニス塗って出来上がり。
口笛吹きながら作りよったら木屑が口に入って咳き込んだりしてオモロかったぜ。

付属しとったパッチケーブルが黄色で、なんか気に入らんで、
古か工業製品のゴタァ冷たか感じの灰色のケーブルが
ヨカな〜思って探したっちゃけど、見つからんかったけんコレも自作した。

もう俺んとやけん、好きに改造させてもらうばい。
っちゅうかもう俺のバリ宝モンやもん!
このデザインのコレから音が出るだけで、もうタマらん!

単体でツマミばグリグリして変な音ば出すだけでもバリオモロかっちゃけど、
それに自作のエフェクターやらモジュレーション付きのディレイやら加えて…
バリトリップしまくりばい。

で、音ば作ったらMPC2500っちゅうサンプラーに取り込んでいって、
オリジナルのアナログリズムマシーン音源ばキットで作りよる。
これがもうホントにもうバリタマらんでバリ興奮しまくり。
そりゃあ好きな音ば自分で作るっちゃけん最高にきまっとろうが。
やけどどんだけでもオモロか音の作れるけんキリのなかぞ!最高やねぇや。
ここんとこズ〜ッとこればっかし興奮しよる。
リズムだけで、ゴリゴリのバリニューウェーブばい。

基板から自作してアナログシンセばモジュラーで作ろうかね〜って思って計画しよったっちゃけど、
もうタマらんアナログシンセが手元にある!どげん考えたって自作するより安か。
ばっていずれは自分でアナログシンセば好きなデザインで自作したかっちゃんね〜。

簡単なファズとかから自作するようになって、何度も基板配線やらどこが失敗しとうやら
いっちょんわからんのば繰り返したりして、やっと音が出て興奮して以来、
なんかノイズまで音が出るだけで愛おしく感じるようになった。

音が出る機材ば、腐れクソ評論家気取りでエラソ〜に酷評するバリシケのヤツに
殺意まで覚えるようになってしまったんよね。

と言いながら、デザインが気に入らんってだけで気に入らん機材にボロクソ言う俺…

ま、好みやもんね〜!
誰がなにホザこうが知ったこっちゃなかね〜!
勝手にホザいてホザかれて、ムカつきゃ言い返せばヨカね〜!ワハハ!
| - | comments(5) | trackbacks(0) | posted by Packman - -
Information of a party 21:17


it PRESENTS 当たり屋ストリッパーVol:2
〜中目黒総合案内所〜

2013.12/26 (木)
open/start 21:00〜5:00 door/¥2500(1d)

at SOLFA
東京都目黒区青葉台1-20-5 oak build. B1F
tel.03-6231-9051 http://www.nakameguro-solfa.com/

DJs
PACKMAN (VIKINI)
YUUZI (Oi-SKALL MATES.ZOOT16)
YU-TA (LONDON NITE)
HIRO (HONEY'S DEAD)
Hisashi Fukatami (DIET BUTCHER SLIM SKIN)
Kareha Narita (DIET BUTCHER SLIM SKIN)
Koji Sato (wizzard)
zaitetsu (mMgarage)
maki×2 (BAR it)
OOSAMA (テキサコレザーマン)
氏原ワタル (DOES)
西村ひよこちゃん (TRUMP ROOM)
バーコー (行方不明)
山原ハブZ (痛風)

-----------------------------------------------------

26日か〜、年末やね〜。
俺のDJは、21:30からにしてもらっとうゴタァ。
夕方位から飲んどきんしゃい。
楽しんどこうぜ〜。
| - | comments(3) | trackbacks(0) | posted by Packman - -
ERIEZA ROYAL and...! 20:37
イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチ代表
SMの女王、映画女優、他にもブッ飛んだ事ばバリ格好よくやりよんしゃる。
美意識が一貫しとって信頼があって尊敬出来るバリ魅力的な人ばい。
そげなイラちゃんの写真撮影のお手伝いに行ってきた。
俺はバイク貸して荷物持ちとかしただけなんやけどバリオモロかったぜ!



ここで使ってある写真は全部俺がデジカメで撮ったヤツ。舞台裏っちゅう感じやね。
ばってバリカッチョヨカろうが!
ちゃんとした写真は、っちゅうか撮影は写真家の中西あゆみさん。
レフ版のお手伝いがインドネシア人のマイクさん。
バイク好きごたぁで通訳してもらいながらバリオモロかった。
なんとそのインドネシアのマイクさん、
「MARJINAL」っちゅうジャカルタパンクバンドのギターヴォーカルげなぜ!
「マージナル=ジャカルタ・パンク」っちゅう映画のプロモとライブで
来日しとんしゃったげな!気さくなナイスガイやったばい。素晴らしかね。
1日ずっと一緒におって帰りがけに俺ゃ教えてもらって笑ってしもた。
しかしそげな人がレフ版のお手伝いげな…オモロ過ぎやろ!恐るべし!


撮影は新宿百人町の路地奥にあるネオダダ!のアーティストが集った伝説の家
「新宿ホワイトハウス」がカフェになったっちゅう「カフェアリエ」
これがまた素晴らしか店で、イラちゃん馴染みの店げな。恐るべし!
こげな魅力的なカフェが新宿にあったんやね〜!
なにしろバイクが店の前に安心して停められる!最高!
店の奥さんがまたバリ話の合う方で最高に素晴らしかカフェばい。
「カフェアリエ」新宿区百人町1-1-8(月曜定休)
最後の写真は公開されたばっかしの「シュトルム・ウント・ドランクッ」
っちゅう映画に出とんしゃる女優の御二人さん。
スチール写真の前で、どれが自分か指差してもろたばい。最高やね!
| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by Packman - -
<< | 2/68 | >>